ニキビの改善やニキビができないようにする為にはビタミン類や食物繊維が必要

ニキビの改善やニキビができないようにする為にはビタミン類や食物繊維が必要

ニキビは中高生などの思春期にできる方が多いと思います。

 

 

成長期の為、ホルモンバランスが崩れる事で出来やすいと一般では言われています。ニキビが出来やすい場所としては口周り、?、おでこ、顎や背中に出来やすいと思います。

 

 

ニキビができる主な原因としては食生活が挙げられます。脂肪分が高いスナック菓子やファーストフードは手軽に食べれ美味しい為、学校終わりや部活帰りに食べる方が多いと思いますが、これらのバランスの悪い食事を繰り返す事でニキビができやすくなってしまいます。ニキビの改善やニキビができないようにする為にはビタミン類や食物繊維が必要となってきます。

 

 

ビタミンには血行促進や皮膚の修復やホルモンバランスを整える効果が期待できます。

 

 

また、食物繊維に関しては、善玉菌を増やし腸を整え便秘予防にも効果的です。ニキビができる原因として乾燥肌も挙げられます。乾燥肌により肌のターンオーバーが起きたり、肌をバリアする機能が弱まり、毛穴に角質が詰まりすくなりニキビができやすくなります。洗顔する際は、皮膚の多少の皮脂も必要な為、洗い過ぎず潤いを保つようにしましょう。

 

 

洗顔剤や化粧品に関しては、エタノールやアルコールが含まれているものは避けるようにして下さい。皮脂を抑えたり、さっぱりする洗顔剤などは保湿効果がない為、乾燥肌に繋がってしまいます。特に女性にとっては、顔にできるニキビが気になる方はかなり多いと思います。食べ物を食べた際に口周りに食べカスなどがついたままにすると、ニキビの原因となるウイルス菌のエサとなる為、食後は口を拭いたりするようにしましょう。

 

 

また、化粧などもニキビができやすいと言われています。化粧をすると肌の毛穴を塞ぐ事になってしまうので、肌が呼吸ができない状況となり、肌の老化にも繋がります。化粧をする際はなるべく薄化粧にするようにした方が良いかと思います。背中にできるニキビに関しては、スポーツをされる方や汗をかくような運動をされている方はわかると思いますが、背中は通気性が悪い為、菌が繁殖しやすい環境になります。

 

 

なので、背中に汗をかいた際は汗を拭いたり、運動後はシャワーを浴びるなどすればニキビができづらいと思います。生活習慣を見直せばニキビを改善する事も可能なので、意識してみて下さい。